Brighthorse Brighthorse

FILMS

三度目の、正直

2022年1月下旬

三度目の、正直

配給・宣伝

公式HP外部リンク

第34回東京国際映画祭コンペティション部門 正式出品

出演:川村 りら 小林 勝行 出村 弘美 川村 知 田辺 泰信 謝花 喜天 福永 祥子 影吉 紗都 三浦 博之
監督・編集:野原 位 脚本:野原 位 川村 りら 撮影監督:北川 喜雄 飯岡 幸子 照明:秋山 恵二郎 鈴木 涼太 蟻正 恭子 三浦博之 録音:松野 泉 助監督:鳥井 雄人 音楽:佐藤 康郎 カラリスト:小林 亮太 制作:三宅 陽子
エグセクティブ・プロデューサー:原田 将 徳山 勝巳 プロデューサー:高田 聡
製作:NEOPA.Inc 配給・宣伝:ブライトホース・フィルム
URL:sandome.brighthorse-film.com ©2021 NEOPA Inc. [ 2021 年 /112 分 /ビスタ /カラー /5.1ch ]

2022年1月下旬 シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

月島春は、パートナーの連れ子・蘭がカナダに留学し、言い知れぬ寂しさを抱えていた。そんな時、公園で記憶を失くした青年と出会う。過去に流産も経験している春は、その青年を神からの贈り物と信じ、今度こそ彼を自らの傍で育てたいと願う。一方、春の弟・毅は音楽活動を続けている。その妻・美香子は精神の不安を抱えながら、4歳の子を育て、毅の創作を献身的に支えていた。それぞれの秘めた思いが、神戸の街を舞台に交錯する。
本作は、黒沢清監督『スパイの妻』(20)、濱口竜介監督『ハッピーアワー』(15)の共同脚本、野原位が監督を務めた劇場デビュー作。『ハッピーアワー』で主役のひとり純を演じた川村りらが主演。子どもを育てたいと切に願いながら、どこか狂気を宿した女性を鮮烈に演じてみせた。川村の他、多数のキャストが引き続き出演し、神戸を舞台に撮影された本作は、公開時に大きな話題を呼んだ『ハッピーアワー』と同じ手触りを感じさせながらも、また一味違う世界に観客を誘う。また、神戸出身の孤高のラッパー・小林勝行が俳優に初挑戦。自身を投影した役柄で、劇中でもライブを披露するなど、無骨ながら生々しい演技を披露しているのも見どころのひとつだ。
『ハッピーアワー』から7年、今回は監督を務めた野原位、そして主演の川村りら他、制作チームが再び神戸に結集し、作り上げた本作。是非、期待してお待ち頂きたい。

特報